• 日本の鞄・財布ブランド フジタカ

クロコダイル革 ブリーフ 伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=バッグ

クロコダイル革 ブリーフ 伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=バッグ 1000 510 FUJITAKA公式サイト

所有感を満たす
最高級レザーブリーフ

一匹から採れる革の面積が小さく、希少価値の高いナイルクロコダイルの革を使用。長い時間かけて丁寧に鞣し、熟練した職人術を要する仕上げの工程によって完成させています。クロコの凹凸は経年変化によって光沢が増し、奥行きの深い味わいのある色合いになる最高級の逸品です。12/31(火)まで伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=バッグにて展開中。

[左] 藍染めクロコダイル革
B5ジャストサイズ ブリーフ ¥770,000

[右]クロコダイル革
A4ジャストサイズ ブリーフ ¥880,000

クロコダイル革

鞄の本体素材のクロコダイル革はまず、日本のタンナーで60日に及ぶ長い時間をかけて丁寧に鞣し、薬品を熟成させる為に2週間程乾燥させます。その後軽くオイルを入れてソフトに鞣された下地をドラムで下染めし、数百あるガゼインの中から調合、仕上げに手バフで表面を磨き上げるという非常に手の込んだ方法で完成させています。

職人技の美フォルム

鞄のマチの膨らみを抑えた美しいシルエットは、型紙の段階から形状を立体的に設計。この独特な鞄のフォルムとマチの仕立ては日本でもトップクラスの職人が、ポストミシンと呼ばれる、底部から縦に棒状のアームが突き出た特殊なミシンを使い通常のミシンでは縫製が不可能な3次元的な立体縫製をすることで生まれます。

藍染めクロコダイル革

B5ジャストサイズのクロコダイルブリーフの素材には、藍染めクロコダイル革を使用しています。前述の通り長い時間をかけて丁寧に行う鞣しの過程と、熟練した職人技を要する仕上げの工程によって完成されたクロコダイルの革を、「ジャパンブルー」として世界に知られ無形文化財にも指定される阿波正藍染法で染色しています。

画像出典:公益社団法人 徳島県物産協会

阿波正藍染法

阿波正藍染法とは、恵まれた風土と惜しみない手間と時間をかけ、徳島県阿波地方の「藍」を使った伝統ある発酵健技法による染色です。クロコの凹凸は経年変化によって光沢が増し、藍染めは使えば使うほどにより奥行きの深い味わい深い色合いになります。

所有感を満たす
最高級レザーブリーフ

藍染めクロコダイル革
B5ジャストサイズ ブリーフ ¥770,000

クロコダイル革
A4ジャストサイズ ブリーフ ¥880,000

12/31(火)まで伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=バッグにて展開中
ハンドルカスタムも同時開催中!