世界的建築家 伊東豊雄氏との
コラボレーションで完成した
トートバッグとトート型リュックの
7つのこだわり

①上質の柔らかい革を使った鞄、トートバッグ。

「上質の柔らかい革」をテーマにイタリアンレザーをチョイス。ヨーロッパ原皮にクロム鞣しを施し、イタリア最大のタンナーが品質・安全基準に徹底管理した上品な牛革です。イタリアならではの発色の良さに加え、水性仕上げをしている為革本来の表情や使い込んでいくうちに出てくる経年変化をお楽しみ頂けます。

②極力シンプルがコンセプト。

「極力シンプルに」をコンセプトに贅沢に1 枚革を縫い合わせた仕様にしています。革の質感を活かして裏地は付けず(一部補強で必要な部分以外)、本体は軽量でソフトに仕上げ、力のかかるところは丈夫にするため、ハンドルやショルダーの取り付け部分は革の貼り合わせでしっかりさせています。

③自然に内側に折れる形状のトートバッグ。

「自然に内側に折れる形状」ショルダーカンの重みで自然に折れるようにし、収納量により変化するデザインにこだわり、容量のあるトートながらコンパクトなフォルムに仕立てています。

「建築界のノーベル賞」とも言われるプリツカー建築賞など、多数の受賞歴を持つ世界的建築家伊東豊雄氏が“持ちたい鞄”

伊東豊雄×FUJITAKA
コラボレーション企画 I-toto
イタリアンレザーを使った
トートバッグ/トート型リュック

  • 上質の柔らかい革
  • 極力シンプル
  • 自然に内側に折れる形状のトートバッグ

そんなリクエストのもと、伊東豊雄氏が“持ちたい鞄”をトートバッグとトート型リュックの二つのバリエーションでFUJITAKAの熟練職人が高度な技術を発揮して丁寧に仕立て上げました。

2018年9月
発売予定

4つ目~のこだわりは8月中旬公開の
最終特設ページにてご紹介!!

      PAGE TOP