2022 SS
Look Book

Season theme

この混沌とした日々の中で ” 麗かに” 空が晴れ日が明るく、
穏やかな日々をイメージした、
心に和み寄り添う上質な鞄を創造して表現する。

“ 麗か” というワードから連想される
明るく穏やかな優しいイメージを
ナチュラルで明るいシーズンカラーで表現します。

継続的なテーマであるSDGs に基づいたサスティナブルの取り組みにより、
素材面での環境配慮はもちろん、本物の、上質で洗練された商品に囲まれて過ごす
穏やかな時間や、確かな技術に裏付けられたものづくり、
そして、自社で行うアフターメンテナンスにより上質なものを長く大切に使う
究極のエコな未来を目指します。

Ecott

回収されたペットボトルからできた再生糸
ECOTT をはじめとする環境配慮型素材を使用した
エコッタシリーズの2022SS 限定カラー。

地球の美しい自然を象徴するブルーとグリーンの2色展開。
地球環境の保全のために、
今FUJITAKA に出来ることに全力で取組み、
地球環境の未来に貢献できるよう、

サステナブルな物づくりを推し進めています。

※限定カラーは近日発売予定

Bubble

フランス・デュプイ社の
カーフ素材を使用したバブルシリーズ。

鞄の顔ともいえる表面の立体的な縁のデザインは、
3mm の革芯を入れ込み、シワにならないよう
丁寧に盛りを作る非常に高度な技術を要しています。

ハンドルのモモは革芯を内側へ入れ込み厚みを出し、
ステッチをかける盛り表現を施しており、
シンプルながらも上品さを印象付けるデザインです。

※近日発売予定

Smartphone Shoulder

※追加型は近日発売予定

国内の協力タンナーと開発した
オリジナルエコレザーを使用した
エキストソフトリーズから、
新たに追加型と小物シリーズの登場です。

エキストラソフトシリーズ(No.664103) は
マチなしの極薄構造ながら、メイン収納の他に
背面にファスナーポケットと
カードポケットを備えています。

エキストラソフト小物シリーズ(No.664605)は
通常より幅広のファスナーテープを使用することにより、
スマホに加え小銭を入れても膨らむことなく、
すっきりと収納することが可能です。

※近日発売予定

FUJITAKA は【安心を持ち運ぶ】をテーマに、
環境配慮型素材の開発や職人の職場環境の改善をはじめとする
SDGs に関する下記の取り組みを行って参りました。

その活動をより知っていただくため、
今シーズンより【FUJITAKA SUSTAINABLE ACTION】として、
活動にUpcycle とECOmark の取得を加え、
改めて発信を行っていきます。

原料から製造、販売まで全ての工程を透明化し、責任ある物づくりを行っていきます。

日本エコレザー協会が定めた基準の中で、一番厳しい適用基準である【エキストラ】に認定された環境に配慮した安心で安全な最高品質のエコレザーを開発し、商品に使用しています。

タンナー、ブランド、NGO など、皮革産業に関連する様々なステークホルダーの関与により設立された組織で、持続可能な皮革産業を推進することを目的としたレザーワーキンググループ(LWG) の中でもゴールドラベル取得タンナーの素材を使用していきます。

セーブ・ザ・チルドレン

FUJITAKA ブランド関連商品の中から、毎年定めたテーマカラーの商品の売上の一部をSave the Children を通して寄付します。

FUJITAKA の新しい取り組み

Upcycle

アップサイクルとは、
本来であれば捨てられる革や生地の端材などの
廃棄物を、単なる再利用ではなく、
付加価値を与えることで別の新しい製品に
生まれ変わらせることを言います。

FUJITAKA では、2022SS より
新たな取り組みとして
製品を生産する際にでる端材を使用した
アップサイクルシリーズを
リリースいたします。

Eco mark

エコマーク制度は、商品のライフサイクル全体を
通じて環境性能に優れていると認められる
商品を社会に広め、人々のライフスタイルを
環境負荷の少ないものへと変えていくことにより、
持続可能な社会への転換をめざした制度です。

FUJITAKA では現在販売を行っている定番商品を含め、
エコマークを取得できる商品の申請を順次行い、
お客様に環境に配慮した製品だということが
伝わるよう取り組んで参ります。