露芝

日本の伝統技術を継承してきた
2ブランドによるコラボレーション

日本の伝統工芸の技法を用いたレザーを製造し、新しい皮革素材ブランドを諸工芸と共に創造しているKYOTO Leather。そして、大切に伝承されてきた日本の職人技術と現代を意識したデザイナーの感性を融合させたブランドFUJITAKA。

2つのブランドが出会い、互いに共鳴し、改めて日本の美意識を発信。長い時の中で培われた日本人の持つ美的センス、そして伝統の持つ洗練された美しさを、歴史ある柄を手作業で絵付けしたレザーを使い、素材・つくり・デザインと全てにこだわり一つの鞄でON#ビジネスシーンとOFF#プライベートのどちらのコーディネートも、よりファッショナブルなものにする大人のレザートートバッグとして仕上げました。

TSUYUSHIBA
四季の美しさや儚い風情を表現

露芝は、能装束の唐織や摺箔によく見られる優雅な文様です。芝草は葉の色の変化から季節の移ろいを感じさせ、芝草についた露は、朝の陽射しとともに消えゆくさまを儚いものと喩え、和歌などに用いられました。四季の美しさや儚い風情を現した「露芝」は、日本情緒の豊かさと美意識が感じられる文様として、現在でも四季を通じて使われています。

古来からの文様を、大変貴重な和牛の革に手捺染と呼ばれる手法を用い、京友禅の職人の手により革本来の風合いを失うことなく美しい革に染め上げました。

天まち

ちりめんレザー

日本では古くから風呂敷や着物に使われている高級織物「ちりめん」をイメージした、上品な型押しの牛革を天マチと背面に一部使用。ちりめんは右や左に強い撚りをかけた横糸を交互に織ることによって生まれる、縮みによる美しいシボが魅力。そのシボを模した繊細な型押しは、メイドインジャパンのならではの品質の高さや丁寧さにこだわる、フジタカにふさわしい模様といえます。 しわになりにくく、しなやかな風合いに優れており、シンプルでくせのないデザインが現代にもモダンにマッチします。日常的な水濡れにも強く、傷がつきにくいのが特徴で、使い込むことで味のある風合いを楽しめます。

ポストミシンで丁寧に仕立てる

ポストミシン

トートバッグには底部分にも職人のこだわりがつまっています。底はポストミシンで縫製しソフトな風合いながら、しっかり自立。底鋲付きで置いて使うのも安心の仕様。ひときわ目立つ底のアールは、肩に掛けた時に身体に沿うように設計されたこだわりの部分です。

現代の感性と融合させた
モダンな美しさ

露芝限定

VILLA限定モデル
KYOTO Leather – TSUYUSHIBA
レザートートバッグ

¥ 100,000 + 税

同シリーズの他の型

Brand

FUJITAKA meets

大きさ 39 x 30 x 12 cm
持ち手

立ち上がり: 26cm

Material

牛革(KYOTO Leather)

生産国

日本製

こちらもおすすめ

ご購入・お問い合わせ

IKETEI VILLA

TOKYO  03-3861-6276

OSAKA  06-6261-2230

※11:00 - 19:00 (定休日/日・祝)

お問い合わせの際は
下記の商品コードをお伝えくださいませ。


商品コード: 370058

or

ONLINE STORE