綺麗なシュリンク絞が特徴。
上質なカジュアル感を持つレザートートバッグ。

主素材には植物タンニンで鞣された牛革をベースに、染色時にロウを入れることで独特のコシとしなやかさを出しています。これぞ革の醍醐味といえる自然なシボ(表面の肌目)はミリンググ(揉み)加工を通常よりも手間を掛け長く行うことでより美しい風合いに仕上がりました。使い込むほどに色の深みや艶が増し、エイジングをお楽しみいただけます。

印象的な丸みを生み出す
緻密な設計。

「角が取れる」「丸くなる」「角が立たない」「丸く収める」和を重んじる日本人だけあって、日本語には丸みに対してポジティブな、穏やかなイメージを持つ表現が多くみられます。デザインの世界でも、角ばったデザインよりも曲線の多いものの方が優しい印象を与えると言われています。

このトートバッグは随所に曲線を使い、全体的にふわっとした丸みが印象的なシルエット。それでも鞄としての機能を損なわないよう、サイドから底部にかけて玉べり仕上げし安定感を確保。そんな心くばりを具現化できたのはデザイナーの巧妙なデザインと鞄職人の緻密な設計によるもの。持っていて心地よい、ストレスフリーな鞄です。

こだわりの
「ふわフォルム」

トートバッグのようでもありビジネスバッグのようでもある、独特の丸いフォルムは各革パーツの絶妙なカーブが織りなす職人技。書類を入れても安定するよう、革玉を入れ、角にはタックをとって縫製されています。下部には余裕を持たせ、上部はすっきりと。計算された設計がこだわりのふわっと感を実現します。

カジュアルバッグにも充実の機能性

カジュアルバッグだからといって、機能面を疎かにしないのがFUJITAKAバッグの魅力。前面のファスナーポケットは、開けると口が上を向いて取り出しやすい仕様。中には小物ポケットが2つ付いています。またB4クリアファイルがジャストで収まる大容量の内装には、iPadが入るサイズの緩衝材入りポケットのほか、スマートフォンサイズと文庫本サイズのポケット、ファスナーポケットなどを装備。キーやイヤホンコード等を留めておけるキーフックも付いています。
持ち手の長さは2段階に調節可能で、肩からも掛けやすいよう持ち手の付け根の幅を広めにとっています。

綺麗なシュリンク絞が特徴。
上質なカジュアル感を持つレザートートバッグ。

ラヴラド レザートートバッグ B4 No.613702

¥ 64,900 (税込)

Brand

FUJITAKA

重さ 1100 g
大きさ 40 × 32 × 14 cm
幅詳細

底部分40cm / 天部分46cm

Material

牛革(シュリンク加工)

持ち手

立ち上がり 18.5/20.5cmの2段階、付け根間隔約17cm

レビュー

レビューはまだありません。

“ラヴラド レザートートバッグ B4 No.613702” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご購入・お問い合わせ

IKETEI VILLA

TOKYO  03-3861-6276

OSAKA  06-6261-2230

※11:00 - 19:00 (定休日/日・祝)

お問い合わせの際は
下記の商品コードをお伝えくださいませ。


商品コード: 613702

or

ONLINE STORE