日本の伝統工芸の技法を用いたレザーを製造し、新しい皮革素材ブランドを諸工芸と共に創造しているKYOTO Leather。そして、大切に伝承されてきた日本の職人技術と現代を意識したデザイナーの感性を融合させたブランドFUJITAKA。2つのブランドが出会い、互いに共鳴し、改めて日本の美意識を発信。

長い時の中で培われた日本人の持つ美的センス、そして伝統の持つ洗練された美しさを、歴史ある柄を手作業で絵付けしたレザーを使い、現代の日本人に身近に寄り添った小銭入れというかたちで表現いたしました。

HAKU

光の重なりが生み出す、
美しく繊細な輝き

HAKUでは西陣帯箔の中でも
最高級とされる引箔(ひきばく)
という技術を用いています。
箔や塗料を幾重にも重ねることで
光の重なりが生み出されます。
その奥行きのある質感は、美しく繊細な輝きが魅力です。
今回は迷彩風のモダンな柄に仕上げています。

使う人を想う仕様と設計

内装にはフジタカのカラーイメージを表現したプレートを。日本の美を美しく彩り、その絶妙な色合いを奏でる「藤」「桜」「梅」「若竹」「小豆」「銀鼠」「臙脂」「漆喰」「漆黒」。日本古来より自然の中にある身近な土、石、草花の色を富士鷹の彩としてイメージしました。

BOX型の小銭入れで、硬貨の出し入れが容易です。他にもマチ付きのカードポケットとフリーポケットを装備しており、キャッシュレス時代にマルチに活躍します。

ファスナーの引手にもレザーを使用し、手に馴染みやすい設計となっており、日常のシーンにマッチします。

品番 641651
重さ 60 g
大きさ 10.8 × 7.6 × 1.8 cm
Material

生産国

収納

●メインルーム(BOX型)
●カードポケット
●フリーポケット