FUJITAKA GALLERY

2 Products

Filters
Done
  • New
    ¥ 198,000 税込

    FUJITAKAの職人技術を駆使した名巧ブリーフバッグ。
    本体素材にはフランス デュプイ(DUPUY)社のカーフ素材を使用。ヨーロッパの厳選されたカーフ原皮を用いており、最高級のカーフ専用タンナーでデュプイ(DUPUY)社で鞣された素材は、独特の感触とタッチ感が魅力です。さらに、丁寧なミーリング加工の繰り返しで、自然な表情が生まれています。また抗菌試験の結果、優れた抗菌性が認められ、マテリアルの質感を活かした作りと機能性がポイントのアイテムです。

    鞄の顔ともいえる表面に立体的な構造を作り上げるため、革芯を入れ込んだ縁作りは、いせを取りながら丁寧にシワにならないように盛りを作る非常に高度な技を要しています。

    またハンドルのモモ部分は上に載せて縫い付けるのではなく、革芯を内側へ入れ込んで厚みを出し、ステッチをかける盛り表現を施しており、強度を高めた状態で縫い付ける非常に難しい技法で、シンプルながらも上品さを印象付けるデザインポイントとなっています。

    [spec] [ref no=639501]
    オプションを選択
  • New
    ¥ 220,000 税込

    FUJITAKAの職人技術を駆使した名巧ブリーフバッグ。
    本体素材にはフランス デュプイ(DUPUY)社のカーフ素材を使用。ヨーロッパの厳選されたカーフ原皮を用いており、最高級のカーフ専用タンナーでデュプイ(DUPUY)社で鞣された素材は、独特の感触とタッチ感が魅力です。さらに、丁寧なミーリング加工の繰り返しで、自然な表情が生まれています。また抗菌試験の結果、優れた抗菌性が認められ、マテリアルの質感を活かした作りと機能性がポイントのアイテムです。

    鞄の顔ともいえる表面に立体的な構造を作り上げるため、革芯を入れ込んだ縁作りは、いせを取りながら丁寧にシワにならないように盛りを作る非常に高度な技を要しています。

    またハンドルのモモ部分は上に載せて縫い付けるのではなく、革芯を内側へ入れ込んで厚みを出し、ステッチをかける盛り表現を施しており、強度を高めた状態で縫い付ける非常に難しい技法で、シンプルながらも上品さを印象付けるデザインポイントとなっています。

    [spec] [ref no=639502]
    オプションを選択