• 日本の鞄・財布ブランド フジタカ

フジタカの様々な取り組みのご紹介

01. Ecology

エコレザーの頂点『エキストラ』
タンナーとの共同開発で実現した
赤ちゃんが触れても「安心・安全な革」

日本エコレザー基準(JES)のもっとも厳しい適用分類である
「エキストラ」に認定された、環境にやさしく、医療現場や介護現場でも使用される、
赤ちゃんが触れても「安心・安全な革」を開発しました。
タンナーとの共同開発で実現した『最高基準のエコレザー』です。

02. Traceability

自社工場での一貫した生産が可能にする
トレーサビリティへの取り組み

商品の生産・流通過程を追跡することができる、それがトレーサビリティ。
ISO取得、自社工場での一貫した生産を行うFUJITAKAだからこそ可能な新たな取り組みです。

原産地・タンナー・自社工場・販売のすべてを透明化し、誰の手を
わたってきたかをお客様に知っていただくことで、安心してご使用いただける
『100% Made in Japan 』のものづくりに取り組みます。

03. Sustainability

SDGsへの取り組み

FUJITAKAは国際社会の一員としての責任、
「持続可能な開発目標」SDGsへの様々な取り組みに貢献します。
限りある資源、労働や環境への問題を解決するため、
環境負荷を減らす材料や生産工程の開発を支援し、
よりよい未来へつなぐサスティナブルなものづくりを行います。