純国産。ディアマンだけのオリジナルレザー

ディアマンに使用されているレザーは、このシリーズの為に開発したオリジナル牛革。原皮は国内の上質なものだけを厳選し、国産鞣しの最高峰とされるタンナーでつくり込んでいます。
伝統的なイタリアの製法を伝承した日本の職人が、それぞれの国の持つ技術の長所を最大限に活かした独自の製法で、ベースの鞣しを行っています。タイコと呼ばれるドラムに革と鞣し剤を投入して回転させる工程では、繊維の深く細かいところまで浸透させるため、通常よりも回転数を遅くしてじっくりと鞣しています。回転数を遅くすると通常の何倍もの手間・時間・コストを要しますが、ディアマンのフォルムを形作るに最もふさわしい、コシ・しなやかさなどを持たせるためにはに不可欠です。その後、オイルを丁寧に塗り込み、深みのある染色で仕上げています。
全体に施された浅い型押しによって、繊細さと上品さを表現。元の皮革が自然のままでも美しく上質なものだからこそ、映えるデザインです。

《逆さ富士》

鞄のカブセに、なめらかなカーブを描くカッティングライン。
これはブランド名の由来でもある富士山の《逆さ富士》をイメージしたデザインです。富士山の山頂から裾広がりに続く美しい稜線は、昔から日本人の心をとらえて離さず、多くの芸術分野などにもその姿を見ることができます。自然が造り出す美しいその景観を職人技術で、鞄に体現しました。
カッティングした後の裁断面は丁寧に磨き、何度もニスを塗りあげて切り目を仕上げています。量産することのできない、職人が行う大変手間のかかる工程です。

日本の技が詰め込まれた鞄

細かなパーツ1つ1つにも全て国産を仕様しています。フロント部の錠前は正面から見るとシンプルなデザインですが、カブセを上げるとその側面にFUJITAKAのロゴがさりげなく覗きます。持ち手の手カンにも、ロゴを刻印したオリジナル金具を使用しています。
本体素材・金具・裏地、そして職人に至るまでの全てを日本のものにこだわった鞄です。

握りやすい1本手ビジネスバッグ

B4サイズの書類が入るカブセ付きビジネスバッグです。1本手の持ち手には削り出した革の芯材を入れ、上下に膨らみを持たせて握りやすいように仕上げています。
背面にはあおりポケットが付いており、良く取り出すものはこちらに収納しておくと、カブセを開閉せずとも物を取り出すことができます。カブセを開けるとフロントポケットがあり、メインはダブルルームになっていますので、書類などを整理しやす内装です。その他マチ付きポケット、ファスナーポケット、ペン差しなどがあります。

Brand

FUJITAKA

重さ 1750 g
大きさ 41 x 30 x 12 cm
Product Line

FUJITAKA

Material

Genuine Leather

Color

Choco, Navy, Black, Black x Green, Black x Navy, Black x Red

ハンドルの立ち上がり

2cm

レビュー

レビューはまだありません。

“レザービジネスバッグ カブセ B4 ダブルルーム ディアマン No.621505” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご購入・お問い合わせ

IKETEI VILLA

TOKYO  03-3861-6276

OSAKA  06-6261-2230

※11:00 - 19:00 (定休日/日・祝)

お問い合わせの際は
下記の商品コードをお伝えくださいませ。


商品コード: 621505

or

ONLINE STORE