FUJITAKA meets

15 Products

Filters
Done
  • ¥ 28,600 税込

    旅に最高なウェストバック
    近くの街で、海外の旅で、様々な旅先でみなさんの隣にいられるウエストバッグ。ワンランク上のスタイリッシュな旅を演出します。「上質であること」それは日本の繊細な感性と熟練した職人技から生みだされるフジタカが大事にしてきた価値観。
    旅行というアクティブなシーンに着用しても疲れにくく体に沿うような美しい曲線で構築されたカーブシルエット。そしてモダンでスポーティなデザインは旅行にも日常にもマルチなシーンにマッチします。

    [ref no=636114]
    オプションを選択
  • ¥ 29,700 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい鞄”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。本体の革は、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。

    [ref no=667101]
    オプションを選択
  • ¥ 39,600 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい革小物”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。長財布の本体の革には、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。ラウンドファスナータイプならではのカード段計19と豊富な収納力も魅力です。

    [ref no=667603]
    オプションを選択
  • ¥ 33,000 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい革小物”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。ラウンドファスナーを配した二つ折り財布の本体の革には、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。大容量のBOX型の小銭入れが使い勝手の良い二つ折り財布です。

    [ref no=667602]
    オプションを選択
  • ¥ 24,200 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい革小物”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。本体の革は、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。

    [ref no=667601]
    オプションを選択
  • ¥ 64,900 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい鞄”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。松任谷氏愛用の楽譜がA3クリアファイルごと収納出来ます。本体の革は、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。

    [ref no=667502]
    オプションを選択
  • ¥ 42,900 税込

    FUJITAKA meets M.M

    日本を代表する音楽プロデューサー松任谷正隆氏とFUJITAKAのコラボシリーズが遂に完成。音楽家松任谷正隆氏が“持ちたい鞄”をFUJITAKAの熟練職人が心を込めて丁寧に仕立て上げました。本体の革は、皮革産業における倫理、安全、環境面での持続可能で適切な構造を目的とする、LWGから最高ランクのゴールドレベルに認定されたイタリアのマストロット社のシュリンクエンボスレザー牛革を使用。イタリアらしい発色や豊富なカラー、軽量で優しくソフトなタッチ感が特徴です。

    [ref no=667501]
    オプションを選択
  • ¥ 84,700 税込

    葛西氏が本当に毎日持ちたい鞄。究極の自分仕様を求めて自らがデザイン。自身のライフスタイルを想定し描き起こされたそのスケッチには、強いこだわりが見受けられます。スケッチをもとに素材の選定や色決めなどデザイナー、職人との綿密な打ち合わせがスタート。

    出来上がったサンプルを葛西氏が毎日試用し、調整を重ねます。ブラッシュアップをすること5回。多くの手間と時間をかけ、1つの鞄が完成しました。

    [ref no=652721]
    オプションを選択
  • ¥ 58,300 税込

    構想から開発に1年以上の期間を費やし「遂に完成」。世界的建築家 伊東豊雄氏とコラボレーションしたトートバッグ。FUJITAKA meets Toyo Ito I-totoシリーズのレザートートバッグ。

    [ref no=651701]
    オプションを選択
  • ¥ 58,300 税込

    構想から開発に1年以上の期間を費やし「遂に完成」。世界的建築家 伊東豊雄氏とコラボレーションしたリュック。FUJITAKA meets Toyo Ito I-totoシリーズのレザーリュック。

    [ref no=651702]
    オプションを選択
  • ¥ 55,000 税込

    仕事でもプライベートでもいつも持ち歩きたくなるショルダーバッグ。

    日々カメラとバッグと旅を続ける写真 家瀬尾浩司氏の想いが集結した上質なショルダーバッグの誕生です。「近くの街で、海外の旅で、様々な旅先で、みなさんの隣にいられるショルダーバッグであれたら」という想いが込められています。

    [ref no=636102]
    オプションを選択
  • ¥ 50,600 税込

    仕事でもプライベートでもいつも持ち歩きたくなるショルダーバッグ。

    日々カメラとバッグと旅を続ける写真 家瀬尾浩司氏の想いが集結した上質なショルダーバッグの誕生です。「近くの街で、海外の旅で、様々な旅先で、みなさんの隣にいられるショルダーバッグであれたら」という想いが込められています。

    [ref no=636101]
    オプションを選択
  • ¥ 88,000 税込

    仕事でもプライベートでもいつも持ち歩きたくなるショルダーバッグ。

    日々カメラとバッグと旅を続ける写真 家瀬尾浩司氏の想いが集結した上質なショルダーバッグの誕生です。「近くの街で、海外の旅で、様々な旅先で、みなさんの隣にいられるショルダーバッグであれたら」という想いが込められています。

    [ref no=636103]
    オプションを選択
  • ¥ 28,600 税込

    旅に最高なウェストバック
    近くの街で、海外の旅で、様々な旅先でみなさんの隣にいられるウエストバッグ。ワンランク上のスタイリッシュな旅を演出します。「上質であること」それは日本の繊細な感性と熟練した職人技から生みだされるフジタカが大事にしてきた価値観。
    旅行というアクティブなシーンに着用しても疲れにくく体に沿うような美しい曲線で構築されたカーブシルエット。そしてモダンでスポーティなデザインは旅行にも日常にもマルチなシーンにマッチします。

    [ref no=636104]
    オプションを選択
  • ¥ 31,900 税込

    旅に最高なウェストバック
    近くの街で、海外の旅で、様々な旅先でみなさんの隣にいられるヨコ型ウエストバッグ。ワンランク上のスタイリッシュな旅を演出します。「上質であること」それは日本の繊細な感性と熟練した職人技から生みだされるフジタカが大事にしてきた価値観。
    旅行というアクティブなシーンに着用しても疲れにくく体に沿うような美しい曲線で構築されたカーブシルエット。そしてモダンでスポーティなデザインは旅行にも日常にもマルチなシーンにマッチします。

    [ref no=636105]
    オプションを選択