伊東 豊雄(いとう とよお)は日本の建築家。伊東豊雄建築設計事務所代表。“建築界のノーベル賞”と称されるプリツカー建築賞など、多数の受賞歴を持つ世界的建築家である。

構想から開発に1年以上の期間を費やし世界的建築家 伊東豊雄氏とコラボレーションしたリュックが遂に完成しました。FUJITAKA meets Toyo Ito I-totoシリーズ。

伊東豊雄氏が本当に持ちたい鞄を、伊東氏自らのデザインスケッチからスタート。素材選びやサンプル試作に向けて、フジタカのデザイナーと自社工場の職人が伊東氏と綿密に打ち合わせを行い、フジタカで培われたノウハウと技術を駆使してサンプルを仕立て、そのサンプルを伊東氏が実際に毎日試用。その都度、何度もサンプルの修正や改良を繰り返し、細部までつくり込み、構想から実に一年以上の期間を費やし遂に完成しました。
妥協を許さないトップ建築家の、ライフスタイルに基づいたこだわりが随所に感じられるI-totoは、究極のシンプルと素材感を活かした美しいフォルムが特徴となっています。

構想から1年以上費やした理由。

I-totoシリーズ誕生までの道のりは特設ページにて!

詳しくはこちら

上質の柔らかい革を使った鞄、リュック。

「上質の柔らかい革」をテーマにイタリアンレザーをチョイス。ヨーロッパ原皮にクロム鞣しを施し、イタリア最大のタンナーが品質・安全基準に徹底管理した上品な牛革です。イタリアならではの発色の良さに加え、水性仕上げをしている為革本来の表情や使い込んでいくうちに出てくる経年変化をお楽しみ頂けます。

※こちらの商品は革本来の風合いや手触りを活かすためナチュラルに仕上げています。そのため摩擦や水ぬれにより多少色落ちする場合がございます。

「極力シンプルに」をコンセプトに贅沢に1 枚革を縫い合わせた仕様にしています。革の質感を活かして裏地は付けず(一部補強で必要な部分以外)、本体は軽量でソフトに仕上げ、力のかかるところは丈夫にするため、ハンドルやショルダーの取り付け部分は革の貼り合わせでしっかりさせています。

自然と内側に折れる形状。

「自然に内側に折れる形状」ショルダーカンの重みで自然に折れるようにし、収納量により変化するデザインにこだわり、容量のあるリュックながらコンパクトなフォルムに仕立てています。シックな色をベースに女性も持てるユニセックスな明るめのワインやオレンジ、シロなどのカラーもご用意しました。背面は色落ちや通気性を考慮しメッシュ素材を採用。使い心地にも気を配っております。

シックな色をベースに女性も持てるユニセックスな明るめのワインやオレンジ、シロなどのカラーもご用意しました。

多くの建築家の方が使用するMacBook15インチが収納可能なサイズに設定。

リュックの内側には、必要最低限の収納ポケットを付けるとともに、表に出てくるステッチもデザインのポイントになっております。最小限の収納機能は確保しながら、極力シンプルにというテーマを両立させた収納ポケットです。

構想から開発に一年以上。
建築家 伊東豊雄氏が本当に持ちたい鞄。
これぞ伊東豊雄氏が追及した本物の鞄。

¥ 53,000 + 税

Brand

FUJITAKA meets

重さ 700 g
大きさ 31 x 41 x 11 cm
Color

Wine, Orange, White, Navy, Black

持ち手

立ち上がり 9.5cm

Material

牛革

生産国

日本製

肩紐

長さ43.5~93.5cm

こちらもおすすめ

ご購入・お問い合わせ

IKETEI VILLA

TOKYO  03-3861-6276

OSAKA  06-6261-2230

※11:00 - 19:00 (定休日/日・祝)

お問い合わせの際は
下記の商品コードをお伝えくださいませ。


商品コード: 651702

or

ONLINE STORE