伝統を大切に継承してきた一流の職人たち。 FUJITAKAの誇りである彼らの 技術と、デザイナーの感性を融合して作り上げたのが、 精緻を極めた最高級 ラインFUJITAKA GALLERY、いわゆる名巧シリーズ。風格のある佇まいは もちろん、 ビジネスシーンのニーズをすべてカバーするディティールも兼ね 揃えている。これぞジャパンメイドの結晶、クラシックモダンの最高峰。 まさに人生を共に歩む一生モノにふさわしい逸品が揃う。

そのひとつである“名巧CROCODILE”は、 FUJITAKAの技術の高い熟練職人が特殊なミシンを駆使して仕立てた、名巧のコンパクトブリーフバッグです。一匹から 採れる革の面積が小さく、希少価値の高いクロコダイルを使用しています。腹部に細かく均一な長方形の鱗が美しく並 んでいることが特徴で、日本のタンナーで60日に及ぶ長い時間をかけて丁寧に鞣し、薬品を熟成させるために2週間 程乾燥させ、軽くオイルを入れてソフトに鞣された下地をドラムで下染めし、数百あるガゼインの中から調合、その後手 バフで表面を磨き上げて完成させています。仕上げまでを丁寧に施すことで最高級本革のクロコダイルの魅力を最大 限に生かしました。クロコの凹凸は経年変化によって光沢が増し、奥行きの深い味わいのある色合いになる逸品です。

鞄内側には黒のキップ牛革を採用、ワンランク上の所有感を満たす贅沢な総革仕様です。ポケット類はファスナーポケットと取り外し可能なレザーループ、スマートフォンサイズのポケットと片ササマチ付きポケット、そして革のペンさしが二つあります。ホック留め付きの可動仕切りも設けています。底鋲は4か所に設置しています。

37cmのA4ジャストサイズと通常よりも小ぶりな横幅ながらA4ファイルも収納可能。その秘密は、ポストミシンと呼ばれる特殊なミシンを使ったそのマチ構造にあります。その特殊なマチ構造によりA4ジャストサイズの横幅でA4ファイルを収納できるスペースが生まれています。

一般的な平ミシンや、横からアームが出ている腕ミシンではなく、ポストミシンと呼ばれる、底から縦に棒状のアームが突き出た特殊なミシンを使い、日本でもトップクラスの職人が、高度な技術を駆使して通常のミシンでは縫製する事が不可能な3次元的な立体縫製で仕立てています。

今では簡単に入手する事が出来ない50cm以上クロコダイルの腹部の革を全ての面で贅沢にセンター取りし、左右対称に斑が並ぶよう、日本の熟練した職人の手で裁断から縫製まで丁寧に仕立てられた最高級の逸品です。50cm以上というのは、ワニ革の腹部の一番広い部分のサイズの事で、横幅30cmに育てるのに養殖ワニで2~3年、野生のワニだと4~5年かかるといわれており50cm以上のクロコダイルは非常に希少価値が高いワニ革です。

そのほかにも、手にぴたりと馴染む絶妙のカーブを持つ手縫いの持ち手、丁寧に磨かれた革のコバ(断面)など随所に職人のこだわりの技が光ります。

品番 642501
重さ 1080 g
大きさ 37 × 27 × 7 cm
Color

Material

持ち手

生産国

レビュー

レビューはまだありません。

“フジタカギャラリー 名巧CROCODILE ブリーフ バッグ A4ジャスト” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です