日本の伝統工芸の技法を用いたレザーを製造し、新しい皮革素材ブランドを諸工芸と共に創造しているKYOTO Leather。そして、大切に伝承されてきた日本の職人技術と現代を意識したデザイナーの感性を融合させたブランドFUJITAKA。2つのブランドが出会い、互いに共鳴し、改めて日本の美意識を発信。

長い時の中で培われた日本人の持つ美的センス、そして伝統の持つ洗練された美しさを、歴史ある柄を手作業で絵付けしたレザーを使い、現代の日本人に身近に寄り添ったクラッチバッグというかたちで表現いたしました。

SUMINAGASHI

同じ柄は一つとない、
自分だけの一点もの

墨流しとは「水に墨(黒= 苦労)を流す」
という言葉の例えの如く、
ありがたい図案とされてきました。
この柄は職人が水の上に墨を流して革に染色する為、
その時々でそれぞれ表情が少しずつ異なった柄が出来上がります。
同じ柄はこの世で一つとない一点ものです。

使う人を想う仕様と設計

B5サイズのメインルームには長財布やその他貴重品などを入れて持ち歩くことができます。スエード調生地を使用している内装にはファスナーポケット、オープンポケットが2つあります。

ファスナーの引手には手首に掛けられるストラップ付きで、持ち歩く際にも安心です。

品番 638231
重さ 240 g
大きさ 32 × 22 cm
Material

生産国

フジタカミーツ KYOTO Leather SUMINAGASHI レザークラッチバッグ No.638231
¥ 44,000
関連キーワード
FUJITAKA-KYOTO-LEATHER series