伝統を大切に継承してきた一流の職人たち。 FUJITAKAの誇りである彼らの 技術と、デザイナーの感性を融合して作り上げたのが、 精緻を極めた最高級 ラインFUJITAKA GALLERY、いわゆる名巧シリーズ。風格のある佇まいは もちろん、 ビジネスシーンのニーズをすべてカバーするディティールも兼ね 揃えている。これぞジャパンメイドの結晶、クラシックモダンの最高峰。 まさに人生を共に歩む一生モノにふさわしい逸品が揃う。

世界一流ブランドが挙って使用した150年の歴史を誇る名門タンナー:カールフロイデンブルグ社の職人が、その技術と哲学を残すべく立ち上げた、ドイツのタンナー:ワインハイム社。長い歴史の中で培われた革作りのノウハウが詰め込まれたレザーは、上質にして上品な雰囲気に満ち溢れています。この鞄に使われているワープロラックスは表面に型押し加工を施したクロム鞣しのカーフレザーで、ソフトな感触でありながらも独特なコシがあり、発色が良く、傷が付きにくく、色落ちもしにくいことが大きな特徴です。

本来、傷や染みとは無縁である代わりにエイジングしにくいというクロム鞣しの革ですが、ワインハイム社独自のレシピと仕上げ加工により、傷や染みを退けつつも、使い込むと“ゆったり”としたスピードで光沢が出てくるという、経年変化も楽しんで頂ける逸品素材です。

鞄の内側に豚革を採用したワンランク上の所有感を満たす贅沢な仕様です。内側に革をはるには、豚革の厚みと表革との 厚みの調節が必要となり、革の割り・漉き作業など職人技を駆使する必要があります。ポケット類はファスナーポケットと片ササマチ付きポケットが2つあります。外側背面には背段ポケットがあり、底鋲は4か所に設置しています。

28cmとA4ジャストサイズよりも更にコンパクトな横幅ながら十分な収納スペースを確保、その秘密はポストミシンと呼ばれる特殊なミシンを使って生み出されるマチ構造にあります。

一般的な平ミシンや、横からアームが出ている腕ミシンではなく、ポストミシンと呼ばれる、底から縦に棒状のアームが突き出た特殊なミシンを使い、日本でもトップクラスの職人が、高度な技術を駆使して通常のミシンでは縫製する事が不可能な3次元的な立体縫製で仕立てています。

そのほかにも、手にぴたりと馴染む絶妙のカーブを持つ手縫いの持ち手、丁寧に磨かれた革のコバ(断面)など随所に職人のこだわりの技が光ります。

INK BLUE

WHITE

TAUPE

ORANGE

RED

BLACK

NAVY

BLUE

品番 50555
重さ 770 g
大きさ 28 × 21 × 7 cm
Color

, , , , , , ,

Material

持ち手

生産国

レビュー

レビューはまだありません。

“フジタカギャラリー ワープロラックス 名巧 レザー コンパクトブリーフ バッグ” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です